リラックスをして、動きたいように動く
体が楽な動きを自然に探す
穏やかな時間が流れる

楽しく動く3つのポイント

知っている曲だから、自然に口ずさんでいます。
息を吐きながら動くことで、緊張がゆっくり溶けていき、深い呼吸をするようになります。

呼吸

知っている曲だから、自然に口ずさんでいます。 息を吐きながら動くことで、緊張がゆっくり溶けていき、深い呼吸をするようになります。
動かす方向は楽に動ける、動きやすい、気持ちの良い方向にゆっくり丁寧に動くことが体をほぐしていきます。

心地よい方へ

動かす方向は楽に動ける、動きやすい、気持ちの良い方向にゆっくり丁寧に動くことが体をほぐしていきます。
曲に合わせてリズミカルに体を揺らす、心地よいリラックス感が身体中に広がってきます。

リラックス

曲に合わせてリズミカルに体を揺らす、心地よいリラックス感が身体中に広がってきます。
IMG_1726

力を抜くのは難しい

懐かしい曲に合わせて踊ります。ただ曲に合わせて楽しむだけです。
様々な体の不調は、自然な動きに逆らって無理を重ねて、緊張を続けた結果です。いすフラで、曲に合わせて自分の気持ちの良い方向へ動いてください。どんどん体の力が抜けていくのがわかりますよ。

IMG_1735-2

座ることで安定する

いすフラは、高齢者の方や障害者の方の運動指導をしてきた経験から生み出されました。誰でも楽しく踊れるように工夫されています。坂本律子の理学療法士としての医学的な観点の運動指導と、15年に及ぶフラ指導が一体となった物です。いすに座って踊ることで、バランスよく緊張せずに、安心して動くことができます。

ゆるめることから始まる

正しく動かなくても良いですよ

健康で伸びやかに生きるために


人が健康に命をまっとうするためには、息、食、運動、心が調和していることが大切です。
体の動きは人それぞれが生きてきた証です。
動きはみんな違って良いのです。
人の自然な動きに任せることで、体に負わせた無理をとって緊張で作られた歪みを取り去ることができます。

動くときの3つのポイント

  • 心地よい方向へ動く
  • 息を吐きながら、ゆっくりと丁寧に動く
  • 脱力する

心地よい方向へ動く

動かす方向は、痛みがない、楽に動ける 動きやすい、気持ちよく動ける方向へ体を使っていきます。
人は、すぐに痛みを探します。痛みは緊張を生みます。
ますます、動かさなくなってしまいます。
痛みのない気持ちよく動く方向を探していきましょう。

関節などに痛みがある場合は、痛みにない方向、(無理のない可動域)でゆっくり丁寧に動く

息を吐きながらの動きは、体を緊張させない


息を吸いながら動く時と、吐きながら動くときの感覚を比べてみてください。
息を吐きながら動くときは、体に余計な力が入らずに伸びやかにゆったりと動くことができます。
だから無理な力を入れて、体を痛めることがありません。
曲に合わせて動くことで、ゆっくり丁寧に動くことができます。

 

 


意識的に力を抜くことは難しい

歌に合わせたリズミカルに揺らすことで、心地よい、リラックス感が広がってきます。
フラの振りをする必要もありません。
指先だけでも良いのです。
親指が動くと、人差し指も動きます。人差し指を動かすと、中指が、
そうやって動きがどんどん広がっていきます。
動ける範囲で動かしてみましょう。

ゆっくり、小さく動かすことで、自然な脱力ができます。

心ときめくプチリラックス

動く時には、痛みや、やりにくさを感じる方向は避けます

体の連動を感じながら、もっと気持ちよく動ける動き方を探ってみましょう。

曲の合間に、ふっと休む時間が訪れます。
ゆっくりとリズムに合わせて、体を揺する。ふーっと息をついた時の心地よさを味わってみましょう。

呼吸法は様々ありますが、基本的に腹式呼吸、お腹で息を吸い、お腹から息を吐き出す。
いすフラでは、懐かしい自然に口ずさんでしまう歌に合わせて踊ります。そのために、この腹式呼吸を自然にしています。

いすフラ風景

 

施設でのレクリエーション活動などで、いすフラワークショップ開催をご希望の方
講師を派遣いたします。
事務局にお申し込みください

いすフラへの思い 笑顔を届けたい

Sed ut perspiciatis unde omnis iste natus error sit voluptatem accusantium doloremque laudantium, totam rem aperiam, eaque ipsa quae ab illo inventore veritatis et quasi architecto beatae vitae dicta sunt explicabo. Nemo enim ipsam voluptatem quia voluptas sit aspernatur aut odit aut fugit, sed quia consequuntur magni dolores eos qui ratione voluptatem sequi nesciunt. Neque porro quisquam est, qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur.